くるまストリート!

いつだって心は「stay street」でいこう!

車の維持費の内訳は?きついときはレンタカーやシェアリング

      2018/12/03

車 維持費 内訳

車に必要な費用とは

まず車を維持するために必要な費用を挙げてみます。

維持費の代表といえば”ガソリン代”

大抵の人はガソリン車に乗っていると思われるためガソリン代がかかります。
これは走行距離と車の燃費により費用が変わってきます。

あと運転の仕方でも、燃費が良くなります。

意外とあなどれない”駐車場代”

賃貸マンションなど、住居環境によっては駐車場を借りなければならない人が多いと思われますので駐車場代がかかります。
こちらも、屋内外で賃料が変わってくると思われます。

車の維持費の内訳は

毎年必ずかかる”自動車税”

毎年自動車税がかかります。

また自動車保険も任意ではありますが入っている人が多いのではないでしょうか。

2年に1回の”車検”

2年に1回の車検も受ける必要があります。

不定期で”メンテナンス費”がかかることも

メンテナンス費用としまして、エンジンオイルやバッテリーなどの費用もかかります。

参考動画:軽自動車、国産普通車、外車の維持費をシミュレーションしてみた!

はい、ということで上記のような費用が主にかかってきます。

”自動車保険”をガクッと下げるには

自動車保険の料金につきましては、補償を手厚くするほど料金がかかります。

以前、複数社にて自動車保険の補償内容を統一して価格を比較させていただいたことがあります。

その結果ですが、ネット専業の保険会社の自動車保険がとても安くなりました。

車 費用 きつい

全国に支店を持っていないために会社の必要コストが最小限になるため、その分、保険料を安くしていただいているようです。

全国に支店がないとすぐに対応できないのではないかという不安も出てきますが、拠点は全国に何か所もありますので、事故対応もバッチリということだそうです。

無料で利用させていただけるロードサービスも充実していますので安心です。

少しでも車の維持費を安くするためにも、安くてお得なネット専業保険会社の自動車保険に入るのはとてもおすすめです。

車の維持にかかってくる税金を網羅してみる

日本の車の維持費は、海外の国比べて非常に高いと言われています。

まず、毎年5月に徴税される「自動車税」が非常に高いです。

排気量1リットル以下の普通車なら29,500円、排気量2リットル以下だと39,500円、これにさらに新車登録から13年を経過した車両は10%ほど値上がりするという重課税措置がとられます。

軽自動車の場合も「軽自動車税」が発生し、毎年10,800円、さらに13年経過した軽自動車は従来の1.8倍にもなる12,900円を納付する必要があります。

日本の車の維持費

車検にも税金・・・

さらに車検の際には「自動車重量税」「自動車損害賠償責任保険(自賠責)」を納付する必要があります。

また、国内で自動車を運転する際には「任意自動車保険」の加入が事実上必須で、毎年または毎月保険料を支払う必要があります。

実はガソリン代の半分は税金?

さらに、毎月入れるガソリン代も高騰しており、ガソリン価格の半分が「ガソリン税」なので、ユーザーにとって大きな負担になっています。

この辺りまでが通年発生する固定費ですが、2年に1度の車検整備のほかに、タイヤ、オイル、バッテリー、クーラント、ウォッシャー液、ワイパーなど非常にお金がかかります。

正直とても大変ですよね・・・

自分でコントロールできる維持費は限られています。

よく読まれてる関連記事AT車で燃費の良い走り方とは?これで差がつく!

税金が”若者の車離れ”の原因の1つ?

さらに忘れてはならないのが「消費税」です。

これら備品の購入や整備作業などの消費行動全てに一律消費税として8%が加算されるので、ユーザーにとっては大きな負担となります。これだけでなく、さらに高速道路料金もとても高いと感じます。

こうした高過ぎる自動車の維持費という背景によって、特にお金が無い若者などを中心に「車離れ」という風潮が進行していますが、それでも地方では車が必須なので、近年では比較的維持費の安い軽自動車が人気になっています。

しかしながら、軽自動車税の大幅な値上げが施行され、自動車メーカー・スズキ会長の鈴木修氏も話すように「お金が無い人ほど高い税に苦しむ」というような側面が見られます。

参考動画:鈴木修スズキ会長の軽自動車税増税へのホンネ

車の維持費がきついなら・・・

こうした情勢の中、何とか車の維持費を安くできないか、と国民は必死になって節約をしていますが・・・

結論から言うと「車の維持費を安くする方法は無い」です。

まさに結論から言うと「車を所有しない」というのが一番の節約方法です。

あえて挙げるとすれば、「任意自動車保険をインターネット加入型の保険料の安い保険に入る」とか、「できるだけ燃費が良くて維持費の安い軽自動車に乗る」とか、「安くて程度の良い中古車を買って大事に乗る」とか、「高速道路を利用しない」などの手段を講じるしか手がありません。

こうした背景から、近年では都市部を中心に車を所有せずに「カーシェアリング」などのサービスを利用する人々も増えています。

この場合、発生するのは年会費と利用料のみで、税金などの維持費がかからないので節約という観点では非常に有効な方法といえます。

それかレンタカーで維持費をバッサリ

新車時に1000万円をする高級車も、初めて車検を受ける3年後には半額程の価値に低下、10年も経てば修理代のほうが高く付くため、0円査定も珍しくありません。

0円で購入した自動車でも、所有しているだけで税金が掛かり、実際に乗るとなれば保険代が必要になります。

そのため、アクセス環境の整った都市部では、若者の自動車離れが進んでいます。

ですがアクセス環境の整っていない地方では、未だに自動車は生活に不可欠な存在、1家に1台でなく、1人に1台所有している家庭も珍しくありません。

自動車離れが進んだ若者でも、事業等で成功すると高級車に乗りたがり、経済的余裕の無さから自動車離れが起こっているのは明らかです。

広い土地がある地方では駐車スペースに困ることはありませんが、都市部では車を購入したくても月極を含む駐車場がないため、登録することすら困難です。

経済的余裕の無さから自動車離れ

車は乗らなくても、前記したように税金や保険代が掛かり、オイル交換などメンテナンスを怠れば故障のリスクが高まります。

車は購入費用以外にこれら維持費が掛かるため、あまり車に乗らない方は所有するのではなく、必要な時だけ借りるレンタカーがオトクです。

車とは長い付き合いになるので、おもいきって買わないという選択もアリな時代ということですね。

レンタカーが収入のきつい若者を救う?

かつてのレンタカー屋はメーカー系列が多く、そのため新型車を借りることが出来ましたが、料金は高くなります。

現在は、中古車を再利用した非メーカー系列のレンタカー屋が増え、料金を抑えることが出来ます。

メーカー系列だと1日1万円するレンタカー代が、非メーカー系列のレンタカー屋では1日3000円で借りられる場合もあり、激戦区では更に安く借りられます。

中古車を再利用していても、貸し出す前にシッカリと整備されているため、故障トラブルになるようなことは稀です。

では、”車の維持費の内訳は?きついときはレンタカーやシェアリング”でした。

 - 車の維持費 ,